楽天ひかり開通までのつなぎに今更だがIPv6 over IPv4 トンネル・無料サービス IPv6 tunnelbroker

前プロバイダを解約してしまったため(6月末)7月末までIPv6(IPoE)が開通しないっぽい、IPv4(PPPoE)はもう開通しているので困らないスピードも空いてる時間帯は 問題ない。

申し分ない、V6の必要があるのだろうか (笑)

IPv6トンネルブローカーで検索したらIPv6 Tunnel Brokerについてに記事を発見早速登録してみました。 出典 https://qiita.com/kazuhidet/items/b295d4932f478c488646

詳しい登録方法は上記サイトを・・・

登録後トンネルのディテールが表示されます。その情報に沿ってRTX1200を設定しました。

IPv6トンネルブローカー開通設定(RTX-1200)
ipv6 routing on
ipv6 route default gateway tunnel 1
ipv6 prefix 1 2001:470::::/64
(Routed IPv6 Prefixes の値です)
ip lan1 address 192.168..1/24

(ルーターローカルアドレス)

ip lan1 proxyarp on

ipv6 lan1 address 2001:470::*::1/64
(Server IPv6 Addressの値です)
ipv6 lan1 rtadv send 1

tunnel select 1
description tunnel “IPv6 Tunnel”
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address 192.168.* .* 174.82.*.*
(Server IPv4 Addressの値です)
ip tunnel mtu 1280
ipv6 tunnel address 2001:470:*:*::2/64
(Client IPv6 Addressの値です)
tunnel enable 1

デュアルスタックでの接続を確認しました。今更のIPv6 over IPv4接続ですが楽天ひかり開通までこれで乗り切ります (笑)。ここで作ったIPIPトンネルをDS-LITE接続に設定変更して使う予定です。今度はIPv4 over IPv6(笑)

GMBB V6プラスから楽天ひかりへ変更覚書・事前準備

楽天ひかりが1年間無料無料キャンペーンとのことで、変更することにしました。申し込み後届いたメールで、開通が1か月後のなるので事前準備をはじめました。 これはその覚書です。

前回記事 ぷららDS-LiteからGNOBB V6プラスへ変更覚書

アクセスポイントとして使用しているTP-LINK A10が楽天ひかりのIPv6対応ルーターのリストにあるので、これをIPv6(DS-LITE)ルーターとして使用しRTX-1200はIPSEC VPNルーターとしHGW配下に2つのルーターを同一セグメントに並列に設置することとし事前準備を始めました。設置イメージは以下

ただしRTX-1200でDS-LITE接続を試したこともあるので、A10の負荷が高いようであればA10をアクセスポイントに戻しRTX-1200 LAN3をDS-LITE用に使用することも視野に入れています。

RTX-1200でIPV4 OVER IPV6・ぷららIPOEネイティブ接続に変更覚書

開通は8月1日予定なのでそれから更新しようと思います。それにしても1年間無料は太っ腹

https://hikari.rakuten.co.jp/ 楽天ひかり

CドライブをSSDへ換装覚書

以前メインで使っているPCのCドライブをSSDに換装したときは、フリーの EaseUS Todo Backup toolを使用しました。DVDドライブの代わりにSSDをつないでHDDからコピーしました

今回は、HDDコピー機能付きのSATA-USB変換ケーブルを使用してみます。

対象のPCはXPS8100、i7第一世代のCPUで起動に時間がかかるようになりサブ機として保管しているものです。


4時間ほどほおって置いたらコピーが完了していました。緑のLEDが4個点灯すれば完了です。早速HDDと換装しました。

CrystalDiskInfoの表示は以下です。

ソフトウェアのコピーツールでも、 コピー機能付きのSATA-USB変換ケーブル でもCドライブのコピーができることが分かりました。

ぷららDS-LiteからGNOBB V6プラスへ変更覚書

ぷらら光コラボからNTTへ事業者変更を行った際、期せずしてぷらら解約となってしまったため、急遽プロバイダGMOBBを契約しました。

V6プラス対応ルーターをレンタルする選択肢もあったのですが私のHGW PR-500KIがV6プラスに対応してたのでそのまま使うことにしました。

VPN用はPPPoEで動的IPv4を使用します。

前回変更後NASの動画を見たり別室のTVビデオレコーダーの録画ビデオを見るのに苦労しました。(2つのネットワークがあるので RTX1200配下  PR-500KI配下)

そこで今回はRTX1200のLAN配下には何もつながず、すべての機器をHGW配下設置しすべてを同一のネットワークとしました。

VPNへ向かうパケットは、HGWでRTX1200のLAN3へ静的ルーティングをしています。

RTX1200のLAN3 は、HGWから固定のIPv4アドレス配布しもまたIPv6もRTX1200 LAN1側に流しています。

デフォルトルートはPP1、HGW配下のネットワークへはLAN3へルーティングします。これでHGW配下のPCからVPN接続先へアクセスできます。

RTX1200のIPv6設定はこんな感じです。

ipv6 route default gateway dhcp lan3
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan3::/64
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan3::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on

RTX1200のLAN側ポートを使用していないのは、もったいない気がしますが使いかっては良くなりました、

iSteady Pro 2 へ GoPro3+をセットして使う

MUSONのアクションカメラは、軽すぎるので、ちょっと(かなり笑)古いgoPro3+を手に入れ旅行に持っていくことにしました。

初めてのジンバルです。効果抜群・・・アユタヤへ向かう乗り合いのバンで撮影しました。かなり揺れていますがカメラは安定しています。

ドンムアン空港のsleep box

初めてのタイ旅行です。格安ツアーなので航空会社はノックスクート空港はドンムアンです。ネットでの情報では混雑していて評判はいまいちです。(実際深夜便でも長い行列 笑)

私たちの帰国便は。深夜2:20のノックスクート

ホテルチェックアウト後、時間がかなりあるので観光に歩く方も多いでしょう。ここで問題があります。観光後そのまま荷物を受け取り空港へ行くことになります。私たちの場合、気温35度のアユタヤを観光して汗びっしょりでした。あきらめてそのまま空港へ行きました。

シャワールームは無いかと探しました・・あったのです

Slee box いわば仮眠室ですが、シャワールームもあります。パンフレットからのキャプチャーで不鮮明です 汗

ベットとシャワー・トイレがあります。

シャワーは、温度水量とも???ですが、ありがたかった・・・笑

料金は 06:00pm ~ 06:00am  500B/時間(2019/10/21)

06:00am ~ 06:00pm は、最初の1時間が500B その後1時間ごとに300Bでした。

すっきりして帰国できますのでお勧めです。場所は4階国内線側の奥にあります。

バナウエ・サガダの旅 その1 Banaue and Sagada tour No1

日程

Day 0 – Friday
2100H Meet up @ SM Pampanga
2200H ETD

Day 1 – Saturday
0500H Banaue Welcome Ark (10mins Picture Taking)
0540H Banaue View Deck (Picture Taking & Breakfast*)
0700H Depart for Sagada
0900H ETA Sagada (Early Check-in if permitted)
0930H Star of Sagada Adventure
☀ Spelunking @Sumaguing Cave (bring extra clothes)
☀ Lumiang Cave
1200H Buffet Lunch*
1330H Bomod-Ok Falls (4-5 hours with trekking, swimming on arrival, bring change of clothing)
1730H Sagada Weaving & Souvenir Shop
1800H Sunset @ Lake Danum (if time and weather permits)
1900H Dinner*
2000H Free Time/Rest

Day 2 – Sunday
0300H Wake-Up Call
0400H ETD for Kiltepan Sunrise Peak (via TopLoad Jeep)
0430H ETD Kiltepan Sunrise Peak (Sea of Clouds is Weather dependent)
0500H Breakfast*
0700H Departure from Kiltepan Peak
0800H Start of Day Tour
☀ Echo Valley
☀ Hanging Coffins
☀ Church of St Mary the Virgin
1000H Check Out and Early Lunch*
1100H ETD Sagada
2200H ETA SM Pampanga (Drop-Off)

現地ツアーですが(パンパンガ)とてもキツイスケジュールです。

集合場所変更、SMクラークを午後10時に出発、途中休憩を取りながらバナウエへ・・

午前4時過ぎにバナウエ到着、あいにくの雨。

棚田(ライステラス)はよく見えない

朝食を取るが、早朝の寝不足のため食欲がない。

朝食を終えるころには多少天候が回復して来た。

サガダに向かう。途中棚田の見えるところで写真撮影

サガダに着くころには町は渋滞が始まっていた。

観光客も多い。

観光案内で確認して今日の宿へ

その2へ続く

サマット山 MT.SAMAT NATIONAL SHRINE IN BATAAN

パンパンガを早朝出発し、途中高速道路でスピード違反でつかまりながら(笑)何とかサマット山に到着しました。

高速を降りてしばらく走ると正面に大きな十字架が見えてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山のふもとに着くとこの日は日曜だったのでバイクツーリングの団体が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駐車場からは結構登る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは途中にある戦争記念館(平和祈念館)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山を下る途中、休憩場所があったので持参した昼食を取りラスカサス・フィリピナスへ向かいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラス・カサス・フィリピナス

Las Casas Filipinas de Acuzar

ラス・カサス・フィリピナスは、パンパンガ州から車で約2時間のバタアン州バガックに位置する、スペイン統治時代の建築を活かしたリゾート施設です。

ラス・カサス・フィリピナスは 、不動産会社経営者のホセ・ジェリー・アグザール氏が、2003年からルソン各地に建つ歴史的建造物を買収し、バガック町に移築したリゾート施設です。
2010年にリゾート施設としてオープンしました。
18世紀に建てられたスペイン建築の影響を受ける建物を中心に40戸以上が立ち並び、現在も建設中の建物もあります。

通りから狭い道を入ると、やがて門のような建築物が見えてきます。

ここで受付をします。

日本からの語学留学生が、観光に来ていました。

ヘリテージツアーに参加すると、 ラスカサス内にある建造物や施設を回り、ガイドの人が建物の歴史を説明してくれます。

日本語ではありませんが 笑

プールやビーチもあります。

一部の建物は、宿泊施設として利用されているようです。

iSteady Pro 2 + MUSON MC2 ジンバル振動対策

前記事で時々ジンバルが振動する対策を載せましたが完全には抑えられませんでした。

https://www.hstech.net/?p=198

GoPRO7は、約92グラム MUSON MC2は約58グラムです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この約35グラムの差は大きいのでこれが原因かと思い、試しに充電ケーブルを接続したままで使用してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すると振動が全く出ません。やはりカメラの重量のせいだったのでしょう

そこでカメラを外側にできるだけ移動してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

恰好は良くありませんが、振動は見事に解消しました。笑

元記事