突然のIPV6 PPPOEサービス停止であたふた・・・

我が家のIPv6化につきましては、旧ブログに掲載しましたが、問題発生。

現在のネットワーク設定は当時と変更し、RTX-1200でPPPoEをIPv4固定8IP、IPv6

固定アドレスの2セッション張り、デュアルスタックを実現しておりました。

IPv6のPPPoE接続は、21ip様の今月まで無料のサービスを利用してました。

来月からは、課金されるのだろうと思っていましたところ、思わぬメールが届きました。

以下引用——————————————————————————

-IPv6トンネリング方式ご利用の皆様へ21ipではIPv6の方式を無償で二つご提供させて頂いておりますがこの度、IPv6トンネリング方式は利用者が極めて少なく採算性の観点から提供する事を断念する運びとなりました。ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますがご理解とご協力の程を何卒、宜しくお願いいたします。IPoE方式IPv6提供は引き続き当面の間は無償にてご利用頂けます。つきましては引き続きIPv6環境での接続をご希望の皆様は本メールのリプライでご指示を頂きたく何卒、宜しくお願いいたします。引き続き無償でご利用できるアカウントを即日で発行させて頂きます。後略—————————————————————————————

PPPoEでIPv4セッションを張りIPoEネイティブでIPv6を使用するには大幅な変更が必要になります。新しくIPv6用のプロバイダを探さなくてはなりません。どうしたものかと迷いましたが、とりあえず間に合わせに固定IPサービスではありませんが、プロバイダ契約の有るぷらら様のIPv6接続を設定してみました。 ルータの設定は、IPv6インターフェースのIDとパスワードを書き換えるだけで動作しましたが。DNSサーバのIPv6アドレスの変更とウェブサーバApacheの設定変更が必要でした。IPv6IPが頻繁に変わるようであれば、真剣にプロバイダ選びをしなくてはなりませんが、今までのところ配布されるIPv6IPの変更はありません。dnsサーバとapacheウェブサーバの変更覚書は、後ほど整理して記しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です