HSテックのIPv6対応設定覚書

WebをIPv6対応にしたときの覚書です。

①bind9

dnsサーバのとwebサーバは同一ハードですが別ドメインとなっています。

webサーバのドメイン名でアクセスしても名前解決できるようにAAAAレコードを追加します。

wwwサブドメインにも、AAAAレコードを追加します。

named.confおよび正引きレコードファイルの変更でIPv6に対応します。

間違い等ありましたらご指摘いただければ、幸いです。

named.confの追加設定

アクセス制御リストのLAN側に ::1 を追加

LAN側での再帰検索をする為

acl wan {
any;
};
acl local {
127.0.0.1;
192.168.aaa.0/24;再起j検索を許可するローカルエリアaのネットワーク
192.168.bbb.0/24;再起j検索を許可するローカルエリアbのネットワーク
 ::1;
};

optionsに以下を追加

 listen-on-v6 {
any;
};

正引きレコードファイルの編集 AAAAレコードの追加

$ORIGIN .
$TTL 38400 ; 10 hours 40 minutes
hstech.net  IN SOA dns2.hstech-net.com. webmaster.hstech-net.com. (
1270641720 ; serial
10800      ; refresh (3 hours)
3600       ; retry (1 hour)
604800     ; expire (1 week)
38400      ; minimum (10 hours 40 minutes)
)
NS dns.hstech-net.com.
NS dns2.hstech-net.com.
A 219.105.37.35
MX 10 mail.hstech.net.
TXT “v=spf1 a -all”
TXT “v=spf1 a mx ~all”
AAAA 2001:****:****::1 サーバのIPv6アドレス

$TTL 38400 ; 10 hours 40 minutes
www   A 219.105.37.35
AAAA 2001:****:****::1

逆引は権限が無い為設定しておりません

参考サイト

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/bind912/bind912a.html

②Apache設定

間違い等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

NameVirtualHostディレクティブのみ変更しました。


NameVirtualHost [2001:f63:***:***::1]:80 追加
NameVirtualHost aaa.bbb.ccc.ddd:80 IPv4の指定

<VirtualHost aaa.bbb.ccc.ddd:80>

Website A のVirtualHostディレクティブ IPv4用(既存のまま)
</VirtualHost>

<VirtualHost aaa.bbb.ccc.ddd:80>

Website B のVirtualHostディレクティブ IPv4用(既存)
</VirtualHost>

<VirtualHost aaa.bbb.ccc.ddd:80>

Website C のVirtualHostディレクティブ IPv4用
</VirtualHost>

・Website D

・Website E

・Website F


 #IPv6 Website Aを追加する ここから

<VirtualHost [2001:f63:***:***::1]:80>

Website A のVirtualHostディレクティブ IPv6用(IPv4と同じ)

 Alias /image_dir/ “/home/user/ipv6image_dir/”
#IPv6でアクセスしたときのみ表示する画像がある場合は、

#エイリアスで別ディレクトリから読み出す。

#これでIPv4でアクセスした時と異なる画像が表示されます。

</VirtualHost>

#IPv6 Website Aを追加する ここまで


#IPv4、IPv6どちらでアクセスしても同じ表示でよければ

<VirtualHost aaa.bbb.ccc.ddd:80 [2001:f63:***:***::1]:80>

#と既存のウェブサイトのIPv4アドレスの後に併記すれば良いようです。

これなら簡単ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です